ブログテーマを2020/1/25に変更しました。表示が崩れているなどご迷惑をおかけ致します。

30代中間管理職が投資を始めた理由

はじめまして。よろず(@indexperience)です

 

この歳になって改めて、真面目に投資に取り組んでいます。何故、そのような心境に至ったのか。私の自己紹介と合わせて振り返りたいと思います

学生時代:単車、クルマ

学生時代は、お金の掛かる趣味にとにかく没頭していました。上のバイクもその内の1台。自由な校風もあり16歳からバイトに明け暮れ、お金は時間を切り売りした対価だと思っていました。当時の最低時給は600円くらいだったと記憶しています。

 

いや〜よく働いたなと思います。夏休みに毎日10時間シフト入れて稼ぎ出していた15万円の価値は今だと50万円に相当するといっても過言ではない



ここで時間の切り売りには限界を感じ、効率的なお金稼ぎを考えるように変わっていきました。

 

 

新社会人:ネズミ講

某社工場技術職として新卒入社(今考えれば奇跡としか、、、)最初の1年は2交代勤務の現場実習に従事させられる。しかし交代勤務手当てと夜勤手当は非常に魅力的で、効率的に貯蓄できた。

イメージ:よろずではありません。

あれは社会人2年目の頃。友人からネットワークビジネスに誘われる。

所謂ネズミ講。

興味半分に1年程度は続けたと思う。約20万の初期投資が必要だが、数人アンダーに付けて同じく20万ほど出費してもらえば、自分の初期投資が回収出来るシステムで、うまく出来ているなと思った。ネズミ講なので大元の古参入者は非常に儲かっていた記憶。初めてフェーラーリに乗っている知り合いが出来たのもこの時。

徐々に周りが本職を辞め有限会社など設立していたが、後参入組にフェラーリ氏のようなネットワークを構築出来ると思えず、このタイミングでフェードアウト。

給与所得以外に「お金が稼げるんだ」と気付かせてくれた機会。

社会人3〜4年目:FXにハマる

最近流行りの副業やダブルワークを、かなり先取りしていたと今では思うがネットワークビジネスは「人と人」が主役な部分が多く平日深夜や休日もセミナーなど時間が奪われることに嫌気がさしていた

ここでFXに出会う。お金に働いてもらう感覚が新しかった。もちろんハイレバ。何故かポン円にハマってしまった。値動きの激しさにスリルを感じていたとしか思えない。

自由な時間を取り戻したはずが、激しい値動きにチャートから離れられなくなり
常に不安を感じ、段々と疲弊していったのは想像に難くない。

そこに追い打ちを掛けるようにリーマンショックが発生し半ば強制的に市場から退場することとなった。それでも追証金を背負ったりしておらず良い勉強代だったと思う。

この際にゼロサムゲームは駄目だ。と誓った。

中堅社員:英語に苦しむ

中堅社員となってからは仕事の責任も増え、猛烈サラリーマンとして働く。そんなよろずに襲いかかってきたのは「昇格要件TOEIC600点」である。よろずの会社は、そこそこのグローバル企業で確かに英語は必要だ。しかし、よろずは全く英語できない。学生時代は400点すら突破出来なかった。

係長になれば年収ベースで200万弱も給料があがる。

600点取れば200万も給料があがる?その辺の副業より余程儲かるじゃないか!このように思考転換してからは早かった。苦手だったはずが、お金の為となった途端あっさりクリアしてしまった。

とは言いながらも英語に費やした時間は多い。起床後30分は長文読解。昼休みは単語漬け。夕方は過去問解きまくり。まるで受験生のような生活を1年続けた。
お金が目的なら「苦手分野でも継続出来るんだな」と気付いた。

係長:〜現在

もちろん、よろずの家ではない。

結婚、子供も生まれ、マイホームの購入。30代前半ではあるが人生のイベントを大半、消化してしまったと感じていた。更に責任が増していく仕事。子育てに忙殺され自分の時間は更に減る。

今後、大きくお金を使う予定もない。投資しなければ、、、と漠然に考えていた。

そこで出会ったのがインデックス投資。少なくともゼロサムゲームではない。管理工数もそこまで掛からない。2018年末にSBI証券で口座を開設し、2019年1月からインデックス投資を始めた

まだ1年も経っておらず、投資方針が漸く定まってきた段階です。以下は継続的に記事を見直して、投資実績やルールを示していこうと思います。

大変励みになります。応援よろしくお願いいたします。

よろしければTwitterもフォローして下さいね!



↓よろずの応援お願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


最新情報をチェックしよう!